2018年05月09日

MOS合格おめでとうございます!

職業訓練受講生の皆さんが MOS(Microsoft Office Specialist)Excel、Wordに合格されました!

資格を取得したことによって


・自分に自信が持てるようになった!

・やればできるということが実感できた!

・物事をポジティブに捉えられるようになった!

・勉強が楽しくなった!


こんな嬉しい声が聞こえてきました。

就職への確立をあげるには、差別化できるスキル・資格を身につけ、組織に必要とされる人材になっていることが重要です。

事務職に限らず、営業職・技術職・専門職など、どの職種でもパソコンを使いこなせることが必須になっています。

パソコンスキルを客観的に証明するには、資格を取ることが確実です!

パソコンスキルを証明する資格はさまざまありますが、世界基準でExcelやWordなどマイクロソフト製品の利用スキルを証明するのがMOS(Maicrosoft Office Specialist)なのです。

MOS(Microsoft Office Specialist)は、Excel、Word、PowerPoint、Access、OutlookなどOffice製品の利用能力を証明する資格試験制度です。
Office製品をいかに使いこなせるか客観的に証明します。

 ※MOSに関する詳細はこちらからどうぞ → MOS公式サイト

社内での評価がアップしたり、就職や転職の際に有利な資格としてアピールできます。

厳しい時代だからこそ企業は即戦力になる人物を求めています。

事務職に限らず、営業職、技術職、企画職、専門職など、どの職種でもどれだけパソコンを使いこなせるかが、就職活動や転職にも必須になっています。

求人の条件に「パソコンスキル」と書いている企業も少なくありません。
特にWordとExcelは多くの会社で応募の必須条件となっています。
 
就職・転職面接時などで、「パソコンはどの程度できますか?」と聞かれて「私はパソコンを使えます」「人並みよりは・・・」とか「タイピングは速いです!」とアピールしてもどの程度使えるか説明しづらいため面接官にはなかなか伝わりません。

そこで、MOSを持って入れば、マイクロソフトのオフィスアプリケーションをどの位理解し使いこなせているのか、ということがより具体的に伝わり、自分のパソコンスキルレベルを的確に客観的にアピールすることができます。

MOSを新人研修やキャリアアップに奨励している企業も多いため資格の信頼性は十分です。

また、企業の採用担当者としても、こうした客観的にスキルが見えていることのほうが「なぜこの人を採用するのか」といった理由もつけやすいのです。

私の担当するクラスではMOS受験は任意で、授業の中での受験対策は行いません。
というか、その時間がありません。

3か月の訓練で学習する内容は「パソコン基本操作」「セキュリティ対策」「電子メール」「Word」「Excel」「PowerPoint」「Access」「HTMLとCSSで作成するWebページ」「ビジネスとコミュニケーション」「ビジネスマナー」「情報収集とメディアの活用」「家計管理とライフプラン」「社会保険・年金」「職業倫理」「仕事の管理」「健康管理」と盛りだくさんです。

しかし、受験を希望する方には合格のために勉強方法や合格するためのポイントはしっかりアドバイスしています。
受験料も高いので、皆様を1回で合格できるスキルが身につくまできめ細やかな指導は欠かせません。

放課後残れる方には個別指導を行っています。
これはボランティアです。
この時間はお給料はいただけませんが、皆さんのやる気が嬉しくついつい力が入ってしまいます。

おかげさまで、MOS合格率は100%を保っております。

皆様の努力に心から拍手です!
ラベル:MOS
posted by インスト at 15:45| Comment(0) | 職業訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。