2009年08月23日

きっとうまくいく

一部の授業をボイコットする騒ぎが起きてしまいました。

今の組織に属してから、ずっと危惧していたことでした。「起こるべくして起こった」そんな感じです。

以前から、その授業に関してのトラブルを生徒からたくさん相談されていました。上司に伝えても改善されるどころか握りつぶされていました。

詳しいことは書けませんが、とにかく常識では理解できないことばかりで生徒が体を壊してしまったことも一度や二度ではないのです。

当事者は、検定試験合格率だけを誇り、自分が絶対だと思っています。

全職員から毛嫌いされるほど横柄で品のない態度をとり、勤務時間など一度たりとも守ったことはありません。
昨年、トップが変わったことにより、ますます遣りたい放題になってしまい、注意などするものなら生徒の前でも平気で恫喝されます。

3月など、「もう検定試験が終わったから教えることは何もない」と一切授業を行いませんでした。
結局、2人で担当しているクラスですから、3月の授業はすべて私一人でこなしました。

一切仕事をせずに、組織のネットワークを使い株を売買しているだけ。
それでも、私と同じお給料をもらっています。本当にありえないことばかり。

誰も注意できない組織に呆れ、この時ばかりは、辞めようと思ったのですが・・・

今回も、ボイコットした生徒を「やめさせろ!」とわめき散らしています。

私に対しても「今回は俺の授業だけど、次は○○先生(私)の番かも知れないぞ。2人で協力しよう!」なんて言ってきます。

私は無視しています。
言うことをきかない私と、私の授業は一度も欠席しない生徒の態度、それが面白くなくて、さまざまな手を使ってきます。

原因は、ボイコットされるような授業をしている方にあります。

生徒は社会人です。年齢も20代から50代、経験された職業も様々。
皆さん、それぞれご家庭の事情もお持ちです。
私達よりも豊富な人生経験を積んでいる方もいらっしゃいます。

生徒を第一に考えた授業ならこんな騒ぎは起こる筈はありません。

「俺は、できもしないあれに2級まで合格させてやったんだ。それなのにパソコンの授業だけにでて、俺の授業を一切受けないなんてどういうことだ。俺は絶対許さないぞ! 議員に言ってあれをつぶしてやる!」

恥ずかしいことです。
大きな声を張り上げて騒ぐほど、可哀相になります。

上司は、面倒くさがり屋。
こんなことは大嫌い!見て見ぬふり、聞こえぬふりをしてました。

生徒が最初に相談したのはこの上司。
その時「いいよ」と返事をしてしまったのです。

前代未聞の出来事です。ありえないことなのです。
でも許可された生徒は、堂々と私の授業だけ出席するようになってしまいました。生徒が悪いのではありません。許可を受けたのですから今更「辞めろ」なんて脅かされても到底納得できるはずもありませんし、辞める必要もないのです。

「○○さん(上司)! あんたが許可したのか! そんなことやっていのか!」と恫喝された上司。
今度は、「俺はそんなことは言っていないよ」と言い訳タラタラ。

こんな組織をなんとか改革して、よりよい授業環境を整えようと孤軍奮闘している私。

「そんなに頑張ることないよ。たかが第2の人生なんだから」
そんなことをいう同僚もいます。
確かにこの組織は教員退職者も多く、第2の人生を謳歌している人もいるのですが、私は決して第2の人生などではありません。

誰になんと言われようと、自分の信念を曲げることはできませんし、組織の中で媚び諂うような気持は一切ありません。

そんな私を心配し、応援してくださる同僚もおり、その人達の温かい心に感謝しつつ、自分を見失わないよう冷静な行動を心がけています。

今、目の前にある、私が一番やるべき仕事を一つずつ精一杯やろう!
一生懸命頑張ろう!

そんな毎日です。







posted by インスト at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。