2005年07月09日

服装とみだしなみ

インストラクタのビジネスマナーとして、身だしなみに対する気配りも大切なことですね。
受講生のインストラクタに対して感じる第一印象は、服装や身だしなみによる要素も大きいものです。
好感のもたれる服装や身だしなみを心がけるようにしましょう。
私の場合は、基本的にスーツですが、ジャケットだけでもきちんとした印象を与えると思います。

いずれにせよ、人様の前に立つということを考慮して、あまり砕けた服装は避けたほうが良いでしょう。
以前、某企業研修のとき、アシスタントの方がセーター姿にブーツだったのですが、主催者側からやんわりとご指摘を受けてしまいました。
サブだから良いと思ったとのべられましたが、メインでもサブでもインストラクタです。気をつけたいものですね。

また、最近は「セキュリティ」の観点から受講生に名札を着用してもらう会場も多くなりました。
インストラクタも講習会では身分証明証を携帯し、名札をつけるのは当然のことです。

そして、案外気がつかないのが、香水です。
香水に敏感な体質の受講生もいらっしゃいますので、香水をつけるのでしたら控えめにするなどの配慮も大切です。

指の手入れも欠かせません。
特に爪は結構目立ちますね。ネイルアートなど、とっても綺麗で素敵ですが、インストラクタとして受講生と接するときには、あくまでも清潔感を感じさせるものにしたいですね。

私の場合は他にも、会場によっては当日になってから、机やボード、プロジェクター、マシンやケーブルなど環境設定をしなければならないことも多いので、何かにぶつけていつの間にか・・・なんて事もありますから、バックの中には、必ず予備の「ストッキング」を入れておきます。
そして、室内用の靴も持参します。
外からそのまま入れる会場でも、スリッパが用意されている会場でも、講習中は自分に気合を入れるために「ハイヒール」に履き替えています。
posted by インスト at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | インストラクタに必要なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116246655
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。