2009年05月28日

物事はかけた時間に比例する

来週に実施される検定試験対策として模擬試験問題を作成し、トライしてもらっています。

1日目、現在の実力を図るために抜き打ちで実施しました。

予想はしていたのですが、制限時間内に1/3も終わりません。
愕然とする結果に、生徒達は青くなっています。

でも、私は全く心配はしていません。
それは当然の結果だからです。

パソコンだけを習っているわけではなく、簿記や流通、社会保険など複数の勉強が日々山のように行われているのです。

特に、簿記は来月「日商3級」が実施されます。
半年で「日商2級」が目標ですから、毎日、宿題が出されます。

授業は怒涛のごとくすすみ、1時間でも休んでしまうともうついていけなくなってしまうのです。

簿記など全く知らないで入学してきますから、本当に大変だと思います。

毎回、体調を崩す人が出て来るので、そのフォローに心を痛めています。

だから、もう簿記で目いっぱい、パソコンの勉強にはほとんど身が入っていないのです。でも、それを容認するつもりはありません。

パソコンの授業は「楽しく」がモットーです。宿題も一切出しません。

どれだけ授業に集中させるか、生徒に負担をかけずにスキルアップさせる方法を、毎日試行錯誤しています。

いつも言っています。
「努力は裏切りません、確実に1つ1つ積み上げていけば必ず結果につながります。」と。

今夜も、一人一人の顔を思い浮かべながら添削しています。





posted by インスト at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過密

生徒さん達の授業内容は濃密なものとなっています。
それに伴って、表情が引き締まってきました。

入学当時は、あまりにも社会人としての常識が不足しており心配しましたが、少しずつ意識づけを進めたかいがあったようです。

これからパソコンを含め、ビジネスに必要な数々の資格に挑戦していきます。
この厳しい経済状況の中で、決してゆとりのある生活ではないはずです。
絶対に1回で全員合格させなければなりません。

でも、資格取得が目的ではありません。

資格取得は単なる通過点に過ぎず、それをどう活かしていくか、本当の意味でのスキルアップを図れるように指導していくのが私の役目だと思っています。

posted by インスト at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。