2008年02月21日

スキルの差

データベースも4日目ともなると受講生のスキルの差は歴然としてきます。

文字入力さえおぼつかない人もいれば、日常使いこなしておりそのなかで疑問に思えることだけ聞けばよいという人もいます。

この程度だったらさして困らないのですが、いちばん厄介なのは業務命令で講座を受講されたかたです。

まったく「Access」を使用したことがなく、データベースという言葉さえ聞いたことがないという方なのですが、業務で使うデータベースを構築するようにと指示されているそうです。
そこで資料をたくさん持ってきて私に作ってほしいと言われます。

お気の毒ですが、限られた講習会のなかではそのようなことはできようがありません。
とくに今回の講習会は主催者側の指示で基礎を重視した内容となっておりますから「マクロ」さえカリキュラムにはありません。
こんな内容で業務用を構築できるはずもないのです。

「資料をお貸ししますので考えてきてもらえませんか?」

あぁ〜、資料って会社の大事な情報資産でしょ?
それに、私はボランティアではありません、ごめんなさいね。

夜間3時間の講習会で休憩時間は合計20分、これではどうしようもありません。

可能な限りアドバイスはさせていただきますが、どうなることやら。
posted by インスト at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎は大切ですが

データベース講習会3日目も無事終了!と思いきや、いつまでも座席から立ち上がろうとしない方がいらっしゃいます。
 
体調でも悪くなられたかと思い「いかがされましたか?」とお聞きしました。

「全角と半角ってどう違うんだかさっぱり分からないんだよね」と顔をしかめています。

データベース受講生からの質問とは思えない、耳を疑うようなことですが、一般公募で選ばれるレベルだと案外こんなものかもしれません。

応募条件に「Excel経験者」となっていても確認するすべはありませんからしかたないことです。

これからどんどん進んでいくにつれてスキルの差が出てくることは確実ですから、それをおぎなってどう進めていくかしっかりカリキュラムチェックをしなければならないと肝に銘じています。
posted by インスト at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。