2008年02月21日

基礎は大切ですが

データベース講習会3日目も無事終了!と思いきや、いつまでも座席から立ち上がろうとしない方がいらっしゃいます。
 
体調でも悪くなられたかと思い「いかがされましたか?」とお聞きしました。

「全角と半角ってどう違うんだかさっぱり分からないんだよね」と顔をしかめています。

データベース受講生からの質問とは思えない、耳を疑うようなことですが、一般公募で選ばれるレベルだと案外こんなものかもしれません。

応募条件に「Excel経験者」となっていても確認するすべはありませんからしかたないことです。

これからどんどん進んでいくにつれてスキルの差が出てくることは確実ですから、それをおぎなってどう進めていくかしっかりカリキュラムチェックをしなければならないと肝に銘じています。
posted by インスト at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

長い間、お疲れ様でした。

2日目もスムーズに進んでいきました。

「何かご不明な点やご質問はございますでしょうか?」
受講生からは特に反応はありません。

講座は無事終了し、いつものように会場の外の廊下で皆さんお一人お一人に声をかけながらお見送りしました。
途切れたのでもう全員帰られたと思いましたら、アシスタントのAさんがお一人の受講生に必死で説明をされています。

この会場は時間厳守だから、講座終了後の質問は受けられないと受講生にも説明しており、Aさんも理解しているはずなのに・・・

会場外ではすでに警備の方が私たちの出てくるのを待っています。
「恐れ入りますが、会場を閉めなければなりません。もし明日でよろしければ続きを対応させていただきますが、よろしいでしょうか?」
と申し上げました。

Aさん、すかさず
「じゃ、後はよろしく!」ちょっと不機嫌そうにさっさと会場を後にしてしまいました。

受講生の方には、再度
「申し訳ございません。明日必ず対応させていただきます。」と申し上げお帰りいただきました。

急いで駐車場に向い、Aさんに声をかけました。
「お疲れ様でした」
Aさんいきなり
「じゃ、あの人のこと、後はよろしく。明日、ちゃんとやってくださいよ!」
「何についての質問だったの?」
「そんなことあの人に聞けばいいだろうよ!」

う〜ん、やっぱり相性が悪いわぁ・・・

「他に言いようがないの!」こんなことが言えたらどんなにすっきりすることか・・・雇い主は私なのに・・・争いごとが嫌いな私は何も言えません。

4月度からはアシスタントは使わないことになりました。
Aさんとは3月で契約終了となります。長年アシスタントをお願いしてきており、良いこともたくさんありました。
でも、ここ数年は慣れがでてきたのかぼんやりしていることも多く、私から指示しないと動かない事の方が多くなってきていました。


「ここの操作は○△のようにしたいけれど、どう思う?」などと相談しても
「あっしは関係ありません!教えるのはそっちなんだから好きにやったら!」
「あっし」なんて「木枯らし紋次郎」じゃあるまいし・・・こんな耳を疑うような信じられない言葉が出てくる始末。

私には「人を育てる能力がない」ということを厭でも教えてくれたのもAさんです。

ちょうど良い潮どきなのかもしれません。
長い間、お疲れ様でした。
posted by インスト at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

用意周到で進めます

某所でデータベース講座を担当しております。
使用するのは「Access2007」
参加条件は「Excel」を使った経験のある人となっており主催者側の説明ではかなりの申し込みがあったそうです。
今回は、一般公募で選ばれた30名弱ほどの方が参加されています。

私はデータベースの講座では必ず「設計用紙」とレポート(印刷結果)を準備して配布します。
データを効率よく利用できるようにテーブルやフィールドの検討をしますが、その際、レポートがあるのとないのとではその後の理解度に差がつくように思えるのです。
もちろん、テキストにはきちんと描画され説明はされていますが、初心者にとって実物があるとイメージが掴みやすいようです。

「データベースの設計では業務の流れを分析し、データベースの目的を明確にしましょう。」などと説明してもなかなか分かってもらえないこともあります。

まず、レポート(印刷結果)を得るために必要となる入力項目を決定します。
次に必要なテーブルやフィールドを検討し正規化を図ります。
それらを元にデータベース名、テーブル名、データ型、フィールドサイズ、書式などを設計用紙に記入していきます。

導入の部分に時間をかけることによって、それ以降の流れがスムーズにいくような気がします。

またポイントとなる部分はPowerPointでプレゼンしながら進めていきます。
したがって、テキストのページを追いかけるような進行は一切しませんが、必要な部分は「○ページの△△をごらんいただけますでしょうか」などときちんと説明をしております。

初日から作成中のデータベースの相談が寄せられたり、以前のバージョンとの互換性などの質問があり、今回も充実した講座になりそうでワクワクしながらスタートしました。
posted by インスト at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。