2007年09月11日

今を大切に

某所で来年度の生徒募集が始まりました。
求職者対象なので学費は無料、既定の出席日数を保持すれば日当も支給されます。

いつもなら応募者が殺到して、筆記試験や面接など準備が大変なのですが、最近は求人数が増えたことも影響して、なかなか定員に満たないようです。

「人数が少ないと困るんだよなぁ」と某科目を担当する先生がぼやいています。
「大勢の中で切磋琢磨していかないと技術なんて身につかないから」
「とにかくこちらの言葉に素直に耳を傾けて、やる気のある人だけ欲しいよなぁ」とも。

この先生、たくさんの資格関連書籍を出版され、その印税収入も多く、バイタリティーにあふれ人望も厚く、すべてに素晴らしい人格者です。
その先生が良かれと思って一生懸命指導しても残念ながら資格試験に不合格となる人もあり、そうすると一気に反旗を翻すかのような態度に出られる生徒さんもおり、思わず口をでてしまったようです。

過去に多数の資格試験を受験している身から言わせていただくと、パソコンにかかわらずどの資格試験でも授業を受けただけで合格するほど甘いものではありません。

某資格試験対策講座では「電気設備」関係の受験対策講座が開かれており、夜間6日間の日程にも関わらず100%の合格率を維持しています。
ここでは企業からの指示で受講する方がほとんどなのですが、講座終了後、企業側で再度勉強する時間を設けてバックアップしているそうです。

「近道はありません、物事はかけた時間に比例します。」とは、ハリーポッターの翻訳者松岡祐子さんが以前テレビのインタビューに答えていた言葉ですが、まさにそのとおりだと思います。

入学の動機や目的は様々でしょうが、恵まれた環境でたっぷり勉強できる時間を大切に自分磨きをして欲しいものだと思います。
posted by インスト at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。