2007年09月08日

おそるべし超初心者

Office2007ビジネス講座のExcelコースが終了しました。

終了後に回収したアンケートは「大変満足した」と「難しかった」の2つに別れてしまいました。

受講者はビジネスマン対象なのですが、他の講習会同様ご多分にもれずシニアも含まれ、キーを探すのがやっとというレベルの参加者もおりましたから当然の結果といえばそれまでなのですが・・・

内容は、基礎からマクロまで。
最後までアシスタントさんの手を借りないとブックを開けない人が2名。
なんどもなんども説明し、操作を一緒に行っても次の日は忘れてしまうとアシスタントさんはいつも汗だくでした。

私も、毎日カリキュラムを見直し、お1人お1人の顔を思い浮かべながらどうすれば理解していただけるのか試行錯誤をくりかえし、これ以上噛み砕いての表現はできないと思うほどなのですが、それでもできないのはどうしようもなく休憩時間はフル活動でした。
ビジネスで使えるようになっていただくのが目的ですから、いつまでも超初心者を相手にはできません。

挙句「ユーザーという言葉の意味が分らない」「ブックって?」「書式って?」
基礎レベルのときに、きちんと説明をしているにもかかわらず、応用レベルになって「マクロ」まで進んでいるのにこんな質問をされたら・・・アシスタントさんはすっかり意気消沈

さらに
「私はパソコンなんて使う気はなかったんですよ。はっきりいってパソコンは嫌いなんです。」
こんな言葉を投げかけられたアシスタントさん、返す言葉もなく目が泳いでしまったそうです。

何度申し込んでも抽選で落ちてしまう、と嘆いている人には聞かせられない言葉です。

本当にお疲れ様でした。

新聞チラシに造園技術の講習会案内が入っていました。
そこには「この講習会は求職者のためのものです。趣味での参加はご遠慮ください」と書かれていました。
思わず肯いてしまいました。

ちなみに私の担当しているのは「ビジネス講座」、なのに募集要綱には「パソコン初心者」と明記されています。
せめてその後に「文字入力ができる人」ぐらい追記してもらいたいものです。
posted by インスト at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。