2007年09月24日

いい声は「複式呼吸」から

次から次へと、なんだか忙しい一日。
疲れたけれど、まだ仕事が残っている。よくあることですが、疲れが残っていると、いい仕事はできません。
こんな時、皆さんはどうしていますか?

車を運転しながら某ラジオを聴いていたら面白いことを話していました。
なんでも疲れている時は、息が荒く、吐く息が弱くなってるそうです。
それは、吸うことに一生懸命になってるからだとか。
そんな時は、まず吐くことだそうです。
吐かないと新鮮な空気が身体に入ってこないので、苦しくなっています。だから、「ハー」と声を出しながらでも大きく吐いて見ることが大事なんだとか。
身体中のものを全部吐き出すつもりで「ハー」と。
すると、新しい空気が心地よく身体の中に入ってきます。
疲れること、嫌なことを全部吐き出すつもりで。

ここまで聴いていたら「あれ?これって複式呼吸?」

私の1日の終わりは「複式呼吸」です。
就寝前に、
1.お腹がへっこむぐらい息を吐ききります。
2.次に、お腹にいっぱいの息を吸いこみます。
3.10秒で、吸った息をゆっくり吐きます。
これを繰り返します。
腹式呼吸でゆっくり吐くと、気持ちが落ち着きます。ゆっくり息を吐いているうちに、1日の疲れが全部取れていきます。

慣れてくるとお腹が上下に動くことを体が憶えて、起きているときも腹式呼吸ができるようになってきます。

また、腹式呼吸で話すと大きな声が出ますし、声も響きます。
講習会でも、説得力のある声になりますし、長く話しても疲れません。
お腹を動かすので、内臓が強化されるとも言われています。腹式呼吸で話すと、身体全体を使っているのが実感できます。

いい声をしっかり出すためにも「複式呼吸」はおすすめです。
posted by インスト at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

心遣いはありがたいのですが

朝6時頃自宅の電話がなりました。
出かけようとしていたところだったのでちょっと迷いながらも電話を取りました。

いきなり
「Sです。連れて行きたいところがあるからいまから迎えにいくからね。」と切り出されました。

Sさんの名前を聞いてもすぐには誰だったか思い出せずにいましたが、一生懸命記憶の糸をたどりよせ、4年ほど前にグループレッスンをされたSさんだと分かりました。

「お久しぶりですね。お変わりありませんか?」と答えたらそんな挨拶お構いなし、
「先生は、毎日電磁波を浴びているから絶対体がおかしくなっているはずだよ。とってもいい話があるんだよ、博士がきていろいろ指導してくれるし、光を当てているとすっかり体が良くなるんだよ。私なんてもう何年も病院へ行っていないよ。すぐ行くから!」

「ちょっと、待ってくださいね。申し訳ないんですけれど、私今から仕事に出かけますので、お付き合いはできません。」

「なに言ってんの、先生。仕事なんていいよ、体が大事なんだからね。そのうち頭までおかしくなったらどうするの、私は先生が心配なんだよ。」

こんなやり取りを続けながらも、やっと諦めて
「じゃ、また電話するからね。」と電話を切ってくれました。
Sさんは、お茶やお花を教えていらしてパソコンを習っていらした頃は、とても上品だったはずなのにいったいどうされてしまったんだろう。
もう、お茶のお教室は閉められ、ご主人もお亡くなりになり、今は1人暮らしとのこと。

いろいろご苦労されたのでしょうか?

何かの宗教のようにも思えてちょっと怖くなってしまいました。
posted by インスト at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

充実した日々

日曜日に開催されている某ビジネス講習会も残り僅かとなってきました。

参加者全員がとても積極的に受講され、質問もそれぞれの実務に関連した細かい部分まで及び、緊張の中にもとてもやりがいのある講習会となっています。

特にExcelはもっとも関心が高く、テキストの内容を超えたより具体的な書類作成のためのアドバイスを求められることも多く、皆さんの真剣な眼差しがありがたく、瞬く間に7時間が終わってしまいます。
posted by インスト at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。